yamazaki-ya home
YAMAZAKI-YA HOME 靴の館ヤマザキ屋はどんな靴店でしょうか。 通信販売、代引き宅配便、ご返品のこと
紳士靴Heinrich Dinkelacker(ドイツ) クロケット&ジョーンズ(イギリス)ステファノビ(イタリア)
婦人靴
Peter Kaiser(ドイツarche(France)ステファノビ(イタリア) GEORGIO IACHINI (ITALY)
紳士&婦人フィン・コンフォート(ドイツ)    シューキーパー靴のお手入れ用品  靴のお手入れのこと 靴のサイズのこと  
お手入れのこと
靴のお手入れは決して難しくはありません。
しかし、適切な用品とその正しい使い方の知識が必要です。

お手入れ用品


1、靴クリーム
(shoe cream)
通常、瓶(ビン)かチューブに入っています。成分は植物性油脂(カルナバワックス)と水分ですが、乳化状になっています。
乳化性ののため、水分と油脂分が革に染み込みやすく、革を柔らかく保ち、ひび割れを防ぎます。ワックス分は革に光沢を与えます。
柔らかい布を使って塗りこむと良いでしょう。

2、缶入り靴クリーム(シューポリッシュ)
缶に入ったクリームはポリッシュといって、蝋分(ワックス分)が多く含まれたクリームで、水分はほとんど含まれていません。
このため、革に染み込みにくく、これをつけて磨きこむと靴はピカピカに光ります。ワックスがかかった状態になり、小さなキズや雨などから革を守ります。水を含ませた布で磨くと顔が映るほどになります。

3、クリーナー
汚れ落としといわれますが、実際は古いクリームを溶解させて落とすためのものです。(もちろん汚れも落ちますが。)
クリーム特にポリッシュを何度もかけているうちに、ワックス分が層をなして、ひび割れなどを起こし始めます。そんなときにクリーナーを使ってワックスを溶かして取り除くわけです。
いったんクリーナーで古いワックスを落とした後、再び新しいクリームで磨くと新品のように艶がよみがえります。

4、ミンクオイル

革に防水性と柔らかさを与えます。しかし、一般にはビジネスシューズには使わず、登山靴や、スポーツシューズ、ワークブーツなどに使います。もともと油の染み込んだオイルドレザーには最適です。

5、防水スプレー

雨の前に防水スプレーをしておくと水がしみにくくなります。シリコンが主な成分です。ただし、最上級の革には、使うと多少変質して、磨いても本来の艶が出ないことがある、と使うのを避ける方もいます。普通の革なら問題ありません。

7、ブラシ
ブラシは豚毛、馬の毛などで作られます。靴磨きの最後に使用すると艶が出ます。

8、竹べら
竹についた小さなブラシと、柄の部分を削った竹ナイフで出来ています。
靴クリームを靴につけるのに用いたり、コバにこびりついた泥や古いクリームを削り落とすのに使います。

9、布
柔らかい布がよく、ネルがよく用いられます。が、銀座や日本橋の道端にいるプロの靴磨き職人達は、日本手ぬぐいが一番いいといって使っています。どちらでも使いやすいほうでよいと思います。最後の仕上げに女性もののストッキングを使う職人もいます。

10、シューキーパー
シューキーパーを入れておくと、靴の反りを直し、型崩れを防ぎます。
お手入れのときもシューキーパーを入れたまますると、やりやすい場合があります。
コルドヌリアングレーゼのシューキーパー
靴の館ヤマザキ屋はどんな靴店でしょうか。
通信販売、代引き宅配便、ご返品のこと
靴のサイズのこと
靴のお手入れのこと
NEW靴のお手入れ用品
紳士靴
ハインリッヒ・ディンケラッカー(ドイツ)
クロケット&ジョーンズ(イギリス)
ステファノビ(イタリア)
アルフレッド・サージェント(イギリス)

婦人靴
ピーターカイザー(ドイツ)

紳士&婦人コンフォートシューズ
フィン・コンフォート(ドイツ)
シューキーパー
コルドヌリ・アングレーゼ(フランス)